TOP ≫ 引越のコツ - 荷造りの進め方 -
引越のコツ
荷造りの進め方
ダンボールの組み立て方
底になる面の中央に、ガムテープを貼ります。
重い荷物を詰める際は十字に貼ってください。
 
ダンボールの組み立て方
小ダンボールへは本等の重いもの、中ダンボールへは食器等を詰めてください。
食器
食器は一枚ずつ新聞紙などで包む。
箱の隙間に新聞紙を入れて固定する。
上面を閉じて「ワレモノ」と明記する。
瓶類
栓をしっかり閉め、ビニール袋へ入れる。
箱の隙間に新聞紙を入れて固定し、ふたは閉じない。
大ダンボール・和装ケース
大へは衣類、おもちゃ類等軽いものを詰めてください。
袋に入っている衣類はそのまま運べません。
衣装ケースの中身は衣類であればそのままお運びします。
家具類
タンスの引き出しは全て空にしてください。
ハンガーにかかっている衣類は、引越当日、作業員がハンガーBOXを用意します。
布団類
布団袋の中には寝装品のみを入れてください。
あいだに額などを挟まないこと。
電化製品
冷蔵庫は、中身を空にし前日に電源をお切りください。
転移先では設置後6時間くらい置いてから、電源を入れるようにしてください。
人形ケース
中身を柔らかい布で包み、ガラスケースとの間に紙を詰め固定。
ケースにヒモをかけ、適当な大きさの箱に入れ、上面を閉じない。
植木類
庭に植わっている植木は植木屋さんにお問合せください。
鉢物は、小か中の箱に入れてください。
前日、当日は絶対に水をあげないでください。
その他
貴重品はお客様で管理してください。
ストーブの中の灯油は空だきし、取り除いてください。
危険物、劇薬等のお運びはできません。
当サイトでは個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
プライバシーポリシー