TOP ≫ 引越のコツ - お掃除上手 -
お掃除上手壁・天井・床
お掃除上手キッチン
お掃除上手窓・バルコニー
お掃除上手壁・天井・床
基本は「薄めた洗剤」
まずハタキなどでホコリを払いましょう。
手の届かない高いところの壁や天井のホコリは、脚立に乗りホウキなどの先に布を巻いたもので払います。汚れが目立つ場所は薄めた住居用洗剤で雑巾がけします。
柱・壁・床に残ったクレヨンの落書きは「アイロン」
落書きの上に布を当て、低温に設定したアイロンを当てます。
クレヨンは油分が主成分なので、熱で溶けて布に移ります。当て布の位置を変えながらこれを繰り返します。あとは住居用洗剤とクレンザーを混ぜた洗浄液を含ませた布で拭くときれいに取れます。
畳の黄ばみを取るなら「みかん」
みかんの皮で煮出し汁をつくります。
雑巾をその液につけ、絞って拭くと効果があります。
柱の釘穴の修正は「つまようじ」
接着剤をつけたつまようじを穴に詰め、穴から出た余分な部分をカッターナイフなどで切り取り、見える面を平らに仕上げます。つまようじでは細すぎる少し大きな穴なら、木串や割り箸を使います。壁などの場合は、その壁紙の色にあった修復用パテで埋めます。砂壁の場合は、壁の隅などの目立たない場所から砂を集めて接着剤や洗濯のりで埋めます。
木の柱の小さなへこみや傷は「アイロン」
柱についた小さなへこみや傷は、水を含ませた布を当て、上から中温程度のアイロンで温めます。布の水分と温度の作用で、木が膨らんでへこみや傷が目立ちにくくなります。
カーペットのへこみもこの方法のあと、湿っているうちにブラシで毛を起こします。
きれいにはがれない接着剤フックは「酢」
接着剤フックは、はがす時はなかなか大変。でも酢を含ませた布をフックと壁(柱)の隙間に当てて、ナイフやドライバーの先ではがすとうまく取れます。残った接着剤の跡はシンナーで拭き取ります。
お掃除上手キッチン
壁の油汚れは「小麦粉」「ペーパータオル」
ひとつはフライをした後などに残った小麦粉を使う方法。
まず床などに新聞紙を敷き、霧吹きなどで汚れた壁を濡らします。そこに小麦粉を手で貼り付け、小麦粉が油分を吸い取った頃を見計らって布で拭き取ります。あとは床などに敷いた新聞紙と一緒に捨てます。
もうひとつは、洗剤とペーパータオルを使う方法です。
霧吹きで薄めた中性洗剤を吹き付けたペーパータオルを壁に貼り付けます。しばらく置いて拭き取れば、大抵の汚れはすっきり落ちます。
取り外せるものはつけ置き洗い
ガス台や換気扇などの取り外せるものは、洗剤を入れたシンクでのつけ置き洗いが楽。
他の掃除の間つけておけば、時間短縮になります。
ステンレスのサビは「漂白剤」か「酢+クリームクレンザー」
還元系の漂白剤か、酢とクリームクレンザーを混ぜたものでこすります。
排水管のつまりには「重曹」
排水口の詰まりには、それ用の薬剤もありますが重曹も効果的。使い方は薬剤と同じように、キッチンやお風呂、洗面所などの排水口に入れ、上から熱湯をかけます。
お掃除上手窓・バルコニー
窓には「新聞紙」
窓や鏡は、新聞紙と水だけできれいになります。バケツに水を入れ、ひたした新聞紙で拭き取ります。しつこい汚れがある部分は、しばらく貼りつけてから拭き取ります。またハトのふんなどのこびりつきは、少し湿らせた後、使用済みのテレフォンカードなどで擦り取ると意外にラクに落とせます。
バルコニーも忘れずに
ゴミなどをホウキとちり取りで掃除し、後は水で流せばいいでしょう。ただ排水口もチェック忘れないで。もし詰まっていたら、キッチンの排水口と同じ方法で詰まりを取り除けます。
当サイトでは個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
プライバシーポリシー